'penny' ペニースケートボード解説サイト

このさえ読めばペニースケートボードが全て分かる!

Penny初心者のためのペニースケートボード完全マニュアルガイド 【買い方、選び方、乗り方】

このさえ読めばペニースケートボードが全て分かる!初心者のためのペニースケートボード完全マニュアルガイド

ペニースケートボードに興味がある!ペニースケートボードを始めてみたい!という人ためのペニースケートボード初心者向け完全解説ページです!
この記事を読めばペニースケートボードについての全てがわかります!

目次

これが噂のペニースケートボード!

ペニーはオーストラリア発のミニクルーザースケートボード

まずは、街で大流行中のペニースケートボードについて簡単に説明していきましょう!

ペニースケートボードは「オーストラリア発のプラスチック素材のミニクルーザースケートボード」のことです。

下の写真がペニースケートボードの写真です。

これが噂のペニースケートボード!

下はロゴマーク。会社の名前もは「Penny Skateboard」

「Penny Skateboardロゴマー

ペニースケートボードのCM

動画も紹介します。上の動画はペニースケートボードの最新PVです!

コンセプトはクルージング向けスケートボード

コンセプトはクルージング向けスケートボード

ペニースケートボードはクルージングスケート向けに作られたスケートボードです。

クルージングスケートとは、いろいろな場所をプッシュで移動しながらスケーティングをすることです。

現在主流のスケートボードはトリックを中心に楽しめる形状になっています。
対してペニースケートボードのようなミニクルーザーはプッシュやターンなど純粋なスケーティング自体を最高に楽しめるのがコンセプトになっています。

危険で過激なトリックに挑むよりも、風を感じながら純粋なスケーティングを楽しみたい人にはおすすめです。

ペニースケートボードの誕生について

ちょっとここでペニースケートボードが誕生した歴史について解説しておきます!

作り上げたのはスケートボードが大好きな一人のオーストラリア人

作り上げたのはスケートボードが大好きな一人のオーストラリア人ベン・マッケイ

ペニースケートボードはオーストラリア人のベン・マッケイ氏が作り上げました。

幼少の頃から大のスケートボード好きだったマッケイ氏。
いつしか大人になり趣味で甘んじてたスケートボード。しかし、そのスケートへの愛情は趣味でとどまらず、「おれが最高のスケートボードを世に出してやる」という思いへ変わりました。

そして仕事をやめて、新型スケートボードの研究開発を何年も掛けて行います。そして、あらゆる試行錯誤を繰り返して完成したのがペニースケートボードです。

長い年月と何回もの試行錯誤を繰り返し徹底的にこだわり尽くしたスケートボード

長い年月と何回もの試行錯誤を繰り返し徹底的にこだわり尽くしたスケートボード

開発における何回もの失敗と挫折の中、ペニースケートボードの最初のひらめきは子供の頃に使っていたロケット型のスケートボード。
純粋に乗ってるだけで楽しかったそんな懐かしいスケートボードを再現しようという考えからでした。

70年代を思い起こさせるロケットデッキは、プラスチック素材に変え、あらゆる角度からのシェイプにこだわり、絶妙なステアリングを生み出します。
デザインも馴染みやすいようポップなものへ仕上げました。
スケートボードのウィールもショックを吸収し荒れた路面でも走る特殊ゴムに変え、走行性能は当時のスケートボードをはるかに上回りました。

その最高の乗り心地とどこか懐かしく愛着の沸くペニースケートボードは世界中で多くのスケーターを魅了しています。

普通のスケートボードとは何が違うの?3つの大きな違い!

普通のスケートボードとペニースケートボードの違いって気になりますよね?

ここでは従来のスケートボードとの違いについて説明していきますね。

とっても小さく軽い!

とっても小さく軽い!

まず1番大きな違いはデッキの大きさです。普通のスケートボードが長さ約80cmに対してペニースケートボードは55cm(ニッケルタイプは68cm)です。

重量も普通のスケートボードが3~4kgなのに対し、ペニースケートボードは約半分の2kgでとっても軽いです。

小さいので軽くてかさばらず、持ち運びもラクラクです!どこでも気軽に携帯して楽しむことができるのがいいですね。

デッキがプラスチック!

デッキがプラスチック!

次の大きな違いはデッキの素材です。デッキとはボードの板の部分のことです。
従来のスケートボードは木製でしたが、ペニースケートボードはプラスチック素材になっています。

柔らかく適度に曲がるプラスチックのデッキは乗り心地抜群です。また折れたりすることもなく、水に濡れても平気。とても高い耐久力があります。

とっても速い!

とっても速い高性能ウィールに!

ペニースケートボードは走行性能も普通のスケートボードに比べて大きく優れています。

柔らかい特殊ゴムでできた大きなウィール(タイヤ)はショックを吸収し、荒れた路面でもグングン走りスピードもかなり速いのが特徴です。

これがペニースケートボードの魅力!3つの大きな魅力!

ペニースケートボードが世界中で大ヒットしているのはたくさんの魅力があるからです。

そんなペニースケートボードのいろんな魅力について解説していきますね。

とにかく乗り心地が抜群!

とにかく乗り心地が抜群!

ペニースケートボードは、スケートボード自体がすばらしい性能になっているのが大きな魅力です。

実際に乗ってみるとまず感じるのが、ペニースケートボードの乗り心地の良さです。

デコボコした路面や小石や砂利がある場所でもスムーズに走り、適度に曲がるデッキはターンも自由自在です。

かわいいデザインがたくさん!

かわいいデザインがたくさん!

ペニースケートボードのかわいくおしゃれな見た目も魅力のひとつです。

持ち運んだり、部屋に飾ってあるだけでも思わず視線が行ってしまう人は多いはず。

今ペニースケートボードを始めている人もどこかで見て、その個性的なルックスに興味を持ったのではないでしょうか?

もちろんデザインも多種多様で、多くのモデルがあり自分のお気に入りを見つけるのも楽しみの一つ。

今まで男性ユーザーがほとんどだったスケートボードですが、そのルックスから女性からの人気が高いのもヒット要因です。

価格も安くて買いやすい!しかも長持ち!

価格も安くて買いやすい!しかも長持ち!

ペニースケートボードは価格も安く、しかも丈夫でずっと使えるのが魅力です!

一般的なスケートボードは約2万円前後が相場に対して、ペニースケートボードの価格は約1万円です。

スケートボードに興味はあっても、なかなか一歩が踏み出せなかった人も比較的購入しやすくなっています。

また、デッキやウィールの耐久性はとても高く長い間使い続けることができるのも魅力です!

ペニースケートボードに短所はあるの?

いろんな魅力があるペニースケートボードですがもちろんいいことばかりではありません。

ペニースケートボードのウィークポイントについても解説しておきましょう。

メチャむずかしい!

ペニースケートボードに短所はあるの?

ペニースケートボードは、はっきり言って乗りこなすのがとっても難しいです。

ボードが小さいので足の置き場が狭く安定性は低いためバランスを保つのが難しくなります。

ウィールもよく回るので、スケート初心者の人にはスピードの速さに慣れるだけでも大変。

スムーズに乗れるようになるにはある程度練習が必要だと思ってください。

トリックには不向き!

トリックには不向き!

ペニースケートボードはクルージング向けスケートボードなのでトリックには基本不向きです。

デッキの形がトリック向けではないので、できるトリックや技も限られてしまいます。
オーリー(ジャンプ技)やフリップ(回し技)は一応できますが、一般的なスケートボードよりも難易度は上がります。

しかし、スケートボード本来の醍醐味であるスケーティングを行うにはとても快適です。
それに難しいペニースケートボードで挑戦するトリックは逆にやりがいがあるものです。

ペニースケートボードはこんな人におすすめ!

ペニースケートボードはこんな人におすすめ!

スケートボードに以前から興味があった人

スケートボードを一度はやってみたい!いつかは乗ってみたい!と思っている人もいると思います。

そんな人は是非ペニースケートボードでスケートをはじめてみてください!

ペニースケートボードはおもちゃと思われることもあるみたいですが、それば間違いです!

スケートボードとしての性能は十分にあります。しかも安いのではじめやすい☆

サーフィン・スノーボード等のオフトレーニングをしたい人

サーフィンやスノーボードをやっている人はオフの時期の横乗り感覚維持トレーニングとしても使えます。

スケートボードは季節を選ばず年中楽しむことができるのがいいところ。

とくにペニースケートボードはサーフィンのアップスなどの動きに近い滑りが可能です。

ダイエット・シェイプアップをしたい

女性のダイエットや、足腰回りのシェイプアップとしてもおすすめです。

スケートボードは体全体を使う以外に激しい乗り物です。特に足腰の動きや激しく筋肉を使います。

上達する楽しみがあるので、無理なく続けることができるのが魅力です。

新しい趣味を始めたい人

何か新しい趣味を始めたい!という人にもペニースケートボードはおすすめです。

スケートボードはボードと広い場所さえあればどこでもいつでもすぐに楽しめます。

ペニースケートボードである程度速いスピードが出せればその疾走感は最高です!

また、小さい子供でも扱えるので親子でも休日に楽しむことができますね!

ペニースケートボード乗り方は?どんなトリックができるの?

ペニースケートボード乗り方は?どんなトリックができるの?

ペニースケートボードはまずはスケートボードの基本テクニックを身に付けましょう!

まずは、「プッシュ」、「ターン」、「チックタック」などを繰り返し練習してスムーズなスケーティングができることを目指します。

スケーティングテクニックがある程度身に付ければ近くのコンビニにも行く時にも使えたりします。その次はトリックにもどんどん挑戦してみましょう!

ペニースケートボードの乗り方やトリックについては以下をクリック!

ペニースケートボードの乗り方

偽物?ペニースケートボードとよく似た粗悪品には注意

そっくりの格安ミニクルーザーはだめ!

ペニースケートボードには見た目そっくりの類似商品が出回っています。

そして、その中にはペニースケートボードとは完全に別物と言えるくらい性能が劣るものも多くあります。

特に、格安で販売されている商品はほとんど場合満足のいく性能はないと思ってください。

購入を検討している人は、見た目も同じなので安いものを買いたくなるかもしれませんが、はっきり言うと購入するのはやめるべきです。

それほど、乗り心地や性能・耐久性は違います。上で解説したような多くのメリットも全てなくなります。

本物と偽物の見分け方

ペニースケートボードの本物と偽物の見分け方を解説します。

類似商品は説明にも「ペニータイプ」などと表記してありなかなか見分けがつきません。

でも安心して下さい。デッキやトラックのビジュアルから判断することができます。

本物と偽物の見分け方

上の画像を参考に、デッキの裏面テール部分とトラックのサイドにロゴマークがあるものが正規品です。

ペニースケートボードと他のミニクルーザーとの違い

ペニースケートボードと同等の性能を持つミニクルーザー

もちろん、ペニースケートボード以外の他の全ての商品が悪いわけではありません。

スケートメーカーなどが販売しているミニクルーザーならペニースケートボードとほぼ同等の性能を持つものもあります。

そのブランドを紹介すると、「バナナボード(ゴールドカップ)」、「バイナルクルーザー(ステレオ)」、「バンタムクルーザー(グローブ)」などです。

それぞれ、形や大きさなど異なりますが性能は高いものばかりです。

ペニースケートボード以外も気になる人は下記のページを参考にして下さいね!

人気ブランドのミニクルーザー比較

ペニースケートボードにはどんな種類があるの?選び方は?

ペニースケートボードは次々新作やモデルが誕生しその種類はとても豊富です。

サイズは2タイプ!

サイズは2タイプ!

まず、必ずおさえておきたいのがペニースケートボードのサイズの違いです。

ペニースケートボードのサイズは大きく分けて2つあり、22インチタイプと27インチ(ニッケル)タイプです。

22インチはデッキの長さが約55cmで、27インチは68cmとそこそこの差があります。

それぞれの特徴としては、22インチは小さくて持ち運びも最適で扱いやすいのが特徴ですが安定性は低いです。
逆に27インチは安定性が高く初心者にも比較的乗りやすいですが、持ち運ぶには少しかさばります

どちらも違った楽しみができますが、個人的にはコンパクトで扱いやすい22インチがおすすめ!

ペニー22インチと27インチの比較・選び方

性能は同じ!好きな見た目で選べばOK!

性能は同じ!好きな見た目で選べばOK!

ペニースケートボードの種類を大きく分けるシリーズとしては現在、「クラシックシリーズ」、「オーガニックシリーズ」、「パステルシリーズ」、「ホリデーシリーズ」、「マーブルシリーズ」、 「蛍光シリーズ」、「ホソイシリーズ」、「グラフィックシリーズ」、「フェードシリーズ」そして中にさらにモデルが充実しています。

そんな数あるペニースケートボードの種類ですが性能は同じです。なのであなたの好きな見た目のものを選べば大丈夫です!

ペニースケートボードの全シリーズ・モデル一覧

ペニースケートボードはどこで売ってる?お得な買い方は?

ペニースケートボードはどこで売ってる?お得な買い方は?

店頭での購入も可能!

ペニースケートボードを直接見て買いたい人は店頭でも購入可能です。

サーフショップや、スケートボードショップ、海外インポートショップなんかで販売されています。また、全国的に展開しているムラサキスポーツさんやUPスポーツさんでは取り扱い店舗が多いです。

ペニーを店頭のショップで購入する

お得に買うなら通販がおすすめ!

ペニースケートボードは販売店によって価格の差が大きいのが特徴です。

定価は約1万3千円(モデルによって差があり)するペニースケートボードでもお店によれば9千円前後で購入可能です。

数ある種類から低価格で購入可能な通販がおすすめです!特に店頭販売ではほとんど定価販売で種類も少ないお店がほとんどです。

偽物と違いを見分けて【Penny】ペニースケボー を激安最安値段で購入する方法!

楽天・アマゾンでの購入が最安値

ペニースケートボードを最安値で購入するには楽天市場アマゾンでの購入になります。

ただし、ネットは類似品も多いので注意しましょう!

楽天市場楽天市場のペニースケートボード

アマゾンアマゾンのペニースケートボード

ペニースケートボードと一緒に持ってるといい物はある?

ペニースケートボードはもちろんデッキさえあれば楽しむことはできます。

けれど、一緒に持っておくと便利にもっと楽しむことができるアイテムもあります!

スケートボードシューズ

ペニースケートボードと一緒に持ってるといい物はある?

ペニースケートボードをやるときは普通のスニーカーさえあれば滑る事が可能です。

でも、もっと本格的に楽しむならスケートボードシューズを履いてやるのがおすすめです!

スケートボードシューズは高いグリップ力と耐久性でスケーティングのパフォーマンスを高めてくれます。

【スケボーシューズ】Penny、ミニクルーザーで滑るときに履きたい靴特集

ペニーポーチバッグパック

ペニーポーチバッグパック

先日発売されたばかりの超便利おすすめアイテムがペニーポーチバッグ

ペニースケートボードの装着ができる専用リュックで、ペニースケーターの移動時の必須アイテムになります!

こんなの欲しかった!PennySkateBoardsが作ったのPenny専用バッグが超便利!

ペニースケートボードはどこで滑る?

もうペニースケートボードを手に入れた人へおすすめのスケートスポットをご紹介!

広い公園

ペニースケートボードはどこで滑る?

スケート初心者の人はまずは車や人通りの少ない安全な広い公園で練習しましょう。

きれいなコンクリートがある場所がスムーズに滑れます!

海沿いの広場

海沿いの広場

ペニースケートボードのCMには海沿いを滑るシーンがよく出てきます。

海風を感じながら、広大な海を見ながらクルージングすればとっても気持ちがいい!

スケートパーク

スケートパーク

スケート上級者やある程度慣れた人にはスケートパークもおすすめ!

いろんなセクションを使ってのダイナミックなスケートが楽しめます。

ストリートクルージング

ストリートクルージング

ペニースケートボードはクルージング向けのスケートボードです。

いろいろな場所をプッシュで巡りながらのクルージングも最高!

(※車や人の通りが頻繁な公道でのスケートボードは禁止されているので注意してください)

Pennyペニースケボー、どこで滑る?スケートにおすすめな場所とは!

ペニースケートボードを楽しむためのいろんな情報を配信中!

I LOVE PENNY

I LOVE PENNY」は日本でもっとペニースケーターが増えるよう運営しているサイトです!

ペニースケートボードの最新情報やイベント、掲示板など設置しているのでどうぞ遊びにきてください!

コメントを残す



  • まだ書き込みはありません

ページトップへ