'penny' ペニースケートボード解説サイト

Penny、ミニクルーザーで楽しむダウンヒルスケートのススメ!

2014/09/02

Penny、ミニクルーザーで楽しむダウンヒルスケートのススメ!

スケボーをやる人しかこの世では味わうことのできないダウンヒルスケートの気持ちよさ

ダウンヒルスケートとは?

今回はPennyなどのミニクルーザーで楽しむダウンヒルスケートについて解説していきます!

ダウンヒルスケートとは、フラット(平ら)な路面ではなく、坂を下りながら滑るスケーティングのことを言います。

ロングスケートボードなどでは山道を下る本格的なダウンヒルスケートが海外では人気があります。

ダウンヒルスケートの魅力って?

「最高の爽快感」

ダウンヒルスケートの一番の魅力といえば「最高の爽快感」と言えるかもしれません。

スピードに乗って坂を下れば体全体に風を感じることができ爽快感は最高でとても気持ちがいいものです。

心地よいプレッシャーを感じながらスピードを加速させて、周りの景色が移り変わっていくときの疾走感はスノーボードやサーフィンを上回る興奮があります。

スラローム等も自在にできればまるで魔法のじゅうたんに乗っているような他では味わえない感覚を得ることができるでしょう。

ボードコントロールさえスムーズに行えるテクニックがあれば、プッシュもいらないので体力を使わず楽に乗り続けることができるのもいいところです。

ダウンヒルスケートを行うために必要なテクニックは?

ダウンヒルスケートを行うために必要なテクニックは?

Pennyやミニクルーザーなどを始めたばかりのスケート初心者さんにはダウンヒルスケートはとても危険です。

ダウンヒルスケートを行うためには、「正しい止まり方」、「ターン・スラローム」が絶対にできる必要があります。

また、マニュアルやポンピングなどもある程度できるぐらいのレベルが欲しいところです。

スケボーの練習で何回もこけていることも大切です。ダウンヒルスケートでこけるときは大怪我に繋がりやすいのでスケボーでこける感覚をある程度体に染み付いていないと受身が取れなくなり危険です。

ダウンヒルスケートの注意点

ダウンヒルスケートの一番の注意点はスポットの安全性です。必ず車が通らない場所、通行人がいない場所もしくは見晴らしがいい場所で行うようにして下さい。

また、スケートボードの特性としてスピードがあまりに出すぎるとデッキが高速でぶれる様になり自分ではコントロールできなくなります。ゆるい坂から初めて、自分の限界速度を超えないように気を付けて下さい。

ミニクルーザーでのダウンヒルスケーティングの動画

当サイトでもよく紹介している動画ですが、これほど気持ちよさそうに滑っているPenny動画はありません。

こんな調度いい坂で滑ってみたい!

海外の住宅街は道路が広く見通しもいいのでダウンヒルスポットだらけですね。

Pennyのスピードが伝わってくる動画です!

多くの仲間と滑れば、さらに面白いこと間違いなし!

まだ動きがこれくらい硬い人はこれくらいのゆるい坂で楽しみましょう!

地平線が見えるくらいのロングコースです!

中々傾斜のある坂から滑り降りてきたのはなんと少女!

ダウンヒルスポットを見つけるには?

ダウンヒルスポットを見つけるには?

ダウンヒルスケートが楽しめるスポットを見つけるにはどうしたらいいでしょうか?

都会より田舎?

ほんの少しの坂を楽しむだけなら、少し田舎の方へ行けばいろんなところがあると思います。

逆に都会では、安全なスポットは見つけにくいですね。

本格的なロングコースも

海外の動画で見るような本格的な山道のロングコースは日本ではあまり情報がありません。

しかし、日本でもロングスケートなどでダウンヒルスケートを楽しんでいる人もいます。

SkateBoardingにも記事が出てましたのでご紹介しておきますね!

ダウンヒル体験

 

今回はここまでです!

コメントを残す



  • まだ書き込みはありません

ページトップへ