'penny' ペニースケートボード解説サイト

PENNY'S HISTORY

ペニースケートボードの誕生

Penny(ペニー)はこうして生まれた

サラリーマンをやめて、スケートボード作りに人生を掛けた1人の男

Pennyペニースケートボードはオーストラリア人のベン・マッケイ氏が開発し誕生しました。

ベン氏は5歳の時に家のガレージでスケボーを始めて、ずっと変わらずスケートボード愛好家でした。

大人になってもスケートボードへの大きな愛情は変わりませんでした。

そして、「多くの人にもっとスケートボードの魅力を伝えたい」との思いから、サラリーマンをやめ1人独立します。

彼はまだ見ぬ最高のスケートボードを追い求めて日々開発に取り組みました。

スケートボードを愛し続けた男が生み出した究極のスケートボード

そして10年以上もの歳月を掛けて、ついに完成したのが、PennySkateboard(ペニースケートボード)です。

彼はこう言っています。

「様々なプラスチックスケートボードを研究し、幾多の試行錯誤を重ねることで最高のスケートボードが誕生した。最高品質の材料と、細部に徹底してこだわっって作られたPennySkateboard(ペニースケートボード)の素晴らしい乗り心地をあなたは感じることができる。」と。

そんなPennySkateBoardは瞬く間に、世界中で流行し、スケートボードの魅力を広げ続けています。

上部の動画は彼がPennyのブランドヒストリーを語っています。

英語ですが、その人柄や製作過程の様子なども見ることができます。

PENNYオフィシャルサイトより

コメントを残す



ページトップへ