'penny' ペニースケートボード解説サイト

PENNY'S PARTS

ペニーの取り扱い説明

Penny(ペニー)の各パーツについて解説していきます

デッキ(DECK)

デッキ(DECK)

デッキとはスケートボードのボード(板)の部分

多くのスケートボードのデッキは木製ですが、Pennyのデッキはプラスチックでできています。

そのため、プラスチックスケートボードと呼ばれたりします。

プラスチックデッキは、木製デッキと違い、折れたり割れたりすることもなく、非常に耐久力が高いのが特徴です。

雨や水に濡れても平気です。(※ただしトラックやベアリングは乾燥させて保管して下さい。サビで痛みます。)

デッキテープを張らなければ、裸足で乗っても平気なので、海へ遊びに行くときに持っていけたりもします。

ノーズ

デッキの前方の部分ノーズ(鼻)と呼びます。

Pennyのノーズは先端が細くなっており、平らなのが特徴です。

テール

デッキの後方の部分テール(しっぽ)と呼びます。

Pennyのテールはそり返り(キック)があって、ここを利用して技などを行うことができます。

デッキタイプは22インチと27インチの2種類

Pennyのデッキには2種類あります。

22インチ【長さ(約57cm)幅6インチ(約15cm)】

27インチ【長さ(約68.5cm)幅7.5インチ(約19cm)】

ペニー22インチと27インチの比較・選び方

デッキテープについて

Penny(ペニー)のデッキは基本的にそのままで使えますが、オーリーなどの技をしたいときはデッキテープを貼ることができます。

デッキテープはデッキの上面に貼り付ける滑り止めシールのことです。

コンプリートセットには付いてきませんので別売りになります。

ペニースケボーにデッキテープは付けたほうがいいの?

私個人の意見になりますが『デッキテープはいらない』と思います。

普段ストリートスケートボードをやるので、最初はデッキテープが無いことにすごく違和感がありましたが、
ペニーは、デッキテープを張らないでも表面のグリップがしっかりしているのでそのままでも全く問題なかったです。

デッキテープ無しだと裸足で乗れたり、持ち運ぶときにカバンや服が擦れて傷まない快適さが最高です。

デッキテープを張ったペニーでオーリーやフリップも挑戦してみましたが、コンケーブが無く、ノーズが平らなので足が引っ掛けられず、トリックをやるには難しかったです。

クルージング用スケートボードとして使うのであればデッキテープは必要ないかなと・・・。

ただ、オーリーやフリップもやろうと思えばできるので、トリックをやりたいという人はデッキテープを試してみてもいいと思います。

ウィール(WHEEL)

ウィール(WHEEL)

ウィールはスケートボードのタイヤの部分

幅広で太いペニーのソフトウィールは、ショックの吸収力が極めて高い特殊な素材で作られており、地面の小石や段差もほとんど気にすることなく走ることができます。

ベアリング(BEARING)

ベアリングはウィールの中に入っている回転を助ける部品

ウィールの中には回転を助けるベアリングという工業用製品が入っています。

ベアリングはウィールのスムーズな回転には欠かせません。

ABEC(エーベック)という3~7の等級があり、ペニーの22インチは最高のABEC7です。
等級が高いほうがスピードが速くなります。

ベアリングは消耗品で長く使っていると性能が落ちてきます。
回転力が大幅に落ちてきたらメンテナンスか交換をしましょう。

ペニーのメンテナンス方法

ベアリングスペーサー(BEARINGSPACER)

2つのベアリングを支える部品。

ペニーのベアリングスペーサーは高品質なので、ほとんど買い換える必要は無いでしょう。

ワッシャ(WASHER)

ベアリングの補助部品。

ベアリングの取替えの際になくしたりするので注意して下さい。

トラック(TRUCK)

トラック(TRUCK)

トラックはウィールとデッキを接合する部位のパーツ

ウィールとデッキをつないでる金属の部品をトラックといいます。

Pennyには表面に『Penny』ロゴが入っています。

トラックはブッシュゴムにより、体重の負荷で左右へのターンを可能にしています

このブッシュゴムは自分の曲がりやすいように締め具合を調節できます。

キングピンナット(KINGPIN NUT)

ハンガーが外れないようにつなぎ止める部品です。

キングピンナットを締めたり緩めたりすることでブッシュゴムの固さが変わり、ターンの調整ができます。

緩めると少しの体重でターンできますが、難易度は上がります。

初心者はあまり緩めずに乗ったほうがいいかも。

ブッシュゴム(BUSH RUBBER)

上から押し掛かる衝撃を吸収する部品です。

キングピンナットからのブッシュゴムの締め具合でターンに影響が出ます。

ハンガー(HANGER)

トラックの中心部を補強する部品です。

持ち運ぶときにここをつかんだりします。

カワプッシャ(CUP WASHER)

ブッシュゴムとトラックの衝撃を和らげるかませ部品です。

これが無いとトラックを傷めることになります。

ベースプレート(BASE PLATE)

トラックの台座部分です。

各4端にボルト穴があります。

ナット(NUT)

ウィールが外れないように止める部品です。

ゆるすぎてもいけませんがガチガチに締めすぎるとウィールが回らなくなるので注意して下さい。

ボルト(BOLT)

トラックとデッキを止めるねじ部品です。

たまに折れたりします。前後とも3つのビス・ボルトで止めるのを大阪止めと言ったりします。

ビス(SCREW/BISU)

ボルトを止める小さいナット

緩んでくるので時々締めて下さい。

雨に濡れて放置すると錆びてきたりします。

コメントを残す



  • 沖縄のスケーター より:

    Amazonでペニーを購入するとどんな感じで届きますか❔

  • じょー より:

    アクスルワッシャがベアリングの部分からはずれて走っている時にカラカラいうんですけど、こうなったらはずした方がいいですか?

  • 管理人 より:

    pennyさんこんにちは!
    以下のページを参考にスケートボードショップなどで探してみてください!
    http://ilovepenny.net/buyer/partsacce

  • penny より:

    pennyのベアリングのナットを回すものはどういうとこに売っていますか?

ページトップへ