'penny' ペニースケートボード解説サイト

SKATE BLAND MADE

人気ブランドのミニクルーザー比較

人気ブランドのミニクルーザーの比較と解説です

主力ミニクルーザー評価

主力ミニクルーザー評価

“主力シェアを誇る4メーカーのミニクルーザーの評価です”

主力ミニクルーザースペック一覧

デッキ

ミニクルーザー 値(長さ)
penny(22inch) 57cm
バナナボード(ゴールドカップ) 59cm
バイナルクルーザー(ステレオ) 57cm
バンタムクルーザー(グローブ) 61cm
ミニクルーザー 値(幅)
penny(22inch) 15cm
バナナボード(ゴールドカップ) 15cm
バイナルクルーザー(ステレオ) 15cm
バンタムクルーザー(グローブ) 17cm

ウィールサイズ

ミニクルーザー
penny(22inch) 59mm
バナナボード(ゴールドカップ) 57mm
バイナルクルーザー(ステレオ) 59mm
バンタムクルーザー(グローブ) 62mm

ベアリング

ミニクルーザー
penny(22inch) ABEC7
バナナボード(ゴールドカップ) ABEC3
バイナルクルーザー(ステレオ) ABEC7
バンタムクルーザー(グローブ) ABEC7

重量

ミニクルーザー
penny(22inch) 1.9kg
バナナボード(ゴールドカップ) 1.9kg
バイナルクルーザー(ステレオ) 1.8kg
バンタムクルーザー(グローブ) 2.6kg

メリット・デメリット

メリット

ミニクルーザー
penny(22inch) 最高のスピードと乗り心地。高品質で細部へのこだわりも高く、丈夫で耐久力も高い。数々のパーツが充実。
バナナボード(ゴールドカップ) スピードが速く伸びがある。デッキのグリップ力が高く、ノーズに少しそり返しがあるのでオーリーがしやすい。
バイナルクルーザー(ステレオ) ステアリング性能が高く操作性がいい。ポンピング・ターンがやりやすい。
バンタムクルーザー(グローブ) デッキが広くバランスがとりやすい。ウィール幅が大きく安定している。

デメリット

ミニクルーザー
penny(22inch) コンパクトで初心者には難しい。
バナナボード(ゴールドカップ) ステアリングが少し悪い。
バイナルクルーザー(ステレオ) スピードは遅い。安定性が低い。
バンタムクルーザー(グローブ) 重い。ミニクルーザーとしては大きい。

こんな人におすすめ

ミニクルーザー

ミニクルーザー
penny(22inch) だれでも。特に他を選ぶ理由がなければペニーで損はなし。乗り心地は他を圧倒。
バナナボード(ゴールドカップ) オーリートリックを中心にやりたい人。ペニー以外で速いミニクルーザーを探している人。
バイナルクルーザー(ステレオ) 軽いステアリングを求める人。スケートボード上級者。
バンタムクルーザー(グローブ) クルージングメインに使いたい人。スケートボード初心者。ペニー22インチと27インチの間のサイズを探している人。

スケートボードブランド・メーカーのミニクルーザー

バナナボード(ゴールドカップ)【BANAN BOARD(GOLD CUP)】

ゴールドカップ(バナナボード)について

バイナルクルーザー(ステレオ)【Vinyl Cruiser(STEREO)】

バイナルクルーザー(ステレオ)について

バンタムクルーザー(グローブ)【Bantam Cruisers】

バンタムクルーザー(グローブ)について

コメントを残す



  • まだ書き込みはありません

ページトップへ