'penny' ペニースケートボード解説サイト

HOW TO PENNY TECHNIC BOARD SLIDE

ペニースケートボードの乗り方 ボードスライド

ボードスライド【上級トリック】

ボードスライド

今回は、YouTube上で外人さんが非常に上手にボードスライドをしている動画を見つけましたので、少々お借りしてボードスライドのやり方を解説したいと思います。

ボードスライドとは

“技術と根性が求められる、迫力あるテクニック”

ボードスライドは、スケートボードやスノーボードトリックで、デッキの裏を擦らせてレールの上を滑りぬくテクニックです。

見た目も華麗で派手なトリックですが、危険度は高く失敗すると大きな怪我をしてしまうこともあります。

スケートテクニックでも非常に難易度が高く、オーリーができる必要もあり、かなりのボードコントロールが求められます。

ボードスライドも大きく分けて、体の正面から入るフロントサイドボードスライドと、背中側から入るバックサイドスライドがありますが今回は、より簡単なフロントサイドボードスライドを解説します。

レールはスケートパークに設置してあることが多いですが、ストリートでも天然のレールを見かけることもあります。

ボードスライドのやり方

  1. ボードスライドのやり方1

    1.レールを背中側にして、適度な速度で真っ直ぐ進み、飛び乗る地点に狙いをさだめます。

  2. ボードスライドのやり方2

    2.狙った地点へ来たら、オーリーをしてデッキを横に振ります。

  3. ボードスライドのやり方3

    3.レールの上にデッキの中央がくるようにします。このときレールに対してボードは垂直に。

  4. ボードスライドのやり方4

    4.ひざを曲げてバランスを取ります。ボード上に体の位置をキープしてバランスを取ります。
    体が前に行き過ぎると、ボードが止まってしまいます。体が後ろにありすぎるとボードだけすっぽ抜けてしまいます。

  5. ボードスライドのやり方5

    5.レールの先端まで来たら、ボードを元の角度に戻して滑り降ります。

  6. ボードスライドのやり方6

    6.バランスをキープして体勢をもとに戻します。スピードが落ちずにスーっとメイクできればOKです。

ボードスライドの動画

ペニー動画pennymovie 再生ボタン

Boardslide

ボードスライドのコツ

ボードスライドを早くメイクするコツは怖れずに「前に踏み込む(前傾姿勢をとる)」ことです。

最初、怖がってしまうと体勢が後ろのめりになってボードだけが前に行き過ぎて失敗する事が多いです。

実は、この方が背面にこけたりして返って危険です。

怖れずに、もし失敗しても「前に倒れる」イメージで挑戦するとうまくいきます。

ボードスライドの練習方法

ボードスライドで一番難しいのは、デッキをレールに掛けるところです。

いきなり走りながら行うのは難しいので、レールの横で「止まった状態」で、飛び乗る練習を繰り返して下さい。

この状態で100%ボードを掛けることができるようになれば、まずは「ゆっくりと進みながら」挑戦してみて下さい。

ボードスライドの応用でこんなことも

コメントを残す



  • まだ書き込みはありません

ページトップへ