'penny' ペニースケートボード解説サイト

HOW TO PENNY TECHNIC GAP DOWN

ペニースケートボードの乗り方 段差を降りる

段差(ギャップ)を降りる【初級テクニック】

段差(ギャップ)を降りる

スムーズにクルージングする上で必要な技術

クルージング(街乗り)を行うときには、フラット(平面)だけではなく、段差(ギャップ)なども多くあります。

1回1回スケボーから降りていては、スムーズに走り続けることはできません。

小さい段差などは、スケボーに乗った状態で走り降りるようになれば便利です。

今回は段差の降り方を解説します。

間違った降り方

段差の間違った降り方

前後のウィールが全て接地した状態だと、前から落ちてしまう

前後のウィールを地面に接地したまま(通常の状態)で降りると、前方のウィールから地面についてしまいつっかえてしまいます。

正しい降り方

段差の正しい降り方

前のウィールを浮かして降りると、前輪同時に着地できスムーズに降りれる

段差を降りるときにノーズを軽く浮かします。いわば一瞬、マニュアルの状態にします。

こうすることによって、全部のウィールが同時に地面に付き安定した状態で走り降りることができます。

ある程度のスピードが必要

上記の方法でも、スピードが遅いとウィールが前から落ちてつっかえてしまいます。

ある程度のスピードを出した状態で行ってください。

コメントを残す



  • まだ書き込みはありません

ページトップへ