'penny' ペニースケートボード解説サイト

HOW TO PENNY TRICK OLLIE

ペニースケートボードの乗り方

オーリー【上級トリック】

オーリーペニースケボートリック

障害物を飛び越え、段差にも上れる、スケートボードで最も有名なトリック

Ollie(オーリー)とは

オーリーとは

Ollie(オーリー)はスケートボードに乗った状態で飛ぶ(ジャンプする)トリックです。

オーリーができれば、障害物を越えたり、段差に上ったりとスケーティングの幅がすごく広がります。

ただ、オーリーは非常に難易度の高いテクニック

トリックに向いている普通のスケートボードでも習得には数ヶ月かかります。

ペニーなどのミニクルーザーでもオーリーは可能なの?

ペニーなどのミニクルーザーでもオーリーは可能なの?

よく、「ペニーでもオーリーはできるの?」という質問を受けます。

その答えは「ペニーなどのミニクルーザーでもオーリーはできる」です。

しかし、ミニクルーザーでのオーリーは、一般的なスケートボードでやるよりも格段に難しくなります。

その理由はデッキにあります。

ミニクルーザーのデッキは小さくオーリーの動きには不向きです。

またノーズにそり返しがないので、デッキを足で擦り上げにくいのが最大の難点です。

そんな厳しい条件がありますが、きれいにオーリーができる人もいます。

練習次第でミニクルーザーでもオーリーは可能です。

オーリーに適したPennyペニー

オーリーに最適なペニーは「27インチデッキ」と「デッキテープ」の組み合わせ

オーリーに適したペニー

22インチよりも27インチ(ニッケル)がオーリーには最適

オーリーには22インチよりも27インチ(ニッケル)のペニーの方がやりやすくなります。

27インチはデッキが広いため、オーリーの動きの、足でデッキを擦り上げれる距離が伸びるのでより、よりデッキコントロールがしやすいためです。

また、着地も安定しやすいこともメリットです。

(※もちろん22インチでもオーリーができないということはありません。22インチでもオーリーをしている映像もあります。)

滑り止めのデッキテープを貼ればよりオーリーがやりやすい

別売りですが、ペニーには専用デッキテープがあります。

デッキテープとは、デッキの表面へ貼る滑り止めのテープです。

ペニーにはひし型の掘り込みはありますが、表面はプラスチックなのでツルっと滑ってしまいオーリーはやりにくいです。

靴でデッキを擦るときにデッキテープがあれば、より足に引っかかり、高く確実にデッキを持ち上げることができます。

※デッキテープを購入する時は22インチ用27インチ用を間違えないように気をつけましょう。

※自分でも簡単に張ることができますが、本体と一緒に購入した際はショップに頼めば、大抵デッキテープを貼ってくれます。

※デッキテープがないとオーリーができないということはありません。

オーリーの仕組み

オーリーの仕組みを理解するとやりやすい

オーリーの仕組み

仕組みは「てこの原理」と足での擦り上げ

オーリーはデッキとウィールでの「てこの原理」を利用します。以下が手順です。

  1. デッキのテールの端を蹴り降ろします。
  2. てこの原理で勢いよくデッキが跳ね上がります。同時にノーズ側の足を使いデッキを上に擦り上げます。
  3. デッキが宙に浮きます。

オーリーのスタンス

オーリーのスタンス

オーリーを行うときのスタンス

テール側の足(キック足)の指の付け根部分を、デッキのテールの先端に置きます。

ノーズ側の足(オーリー足)はデッキの中心部から、一足分ほど前に置きます。

このキック足とオーリー足の重心のラインをデッキと平行になるようにします。

両足均等に体重を掛けて、重心は両足の中心部分になります。

(※デッキの形状や大きさのよって最適なスタンスは変わります。参考程度にしてください。)

オーリーのやり方

1. ジャンプするために、腰を落として力をためる

ジャンプするために、腰を落として力をためる

飛び上がるために力をためる動作

オーリーのスタンスをとる。

ひざを曲げて腰を落とし、力のためを作る

かがんだときにフラフラせず、しっかりと安定していることが大事。

走行中なら、真下ではなく前方に視線を送る。

2.テールを蹴り下ろす

テールを蹴り下ろす

デッキをはじく瞬間の動作

ためた力を一気に解放するように、テールを真下もしくは進行方向と少し逆に蹴り降ろす。

3.ノーズ足でデッキを擦り上げる

ノーズ足でデッキを擦り上げる

足でデッキを擦り上げる動作

オーリーで1番難しいのがここの動き。

跳ね上がったノーズを、前の足の側面でデッキを擦り上げて持ち上げる

同時に、体全体もしっかりジャンプする。

4.空中でデッキを平行に

空中でデッキを平行に

宙に浮いた状態の動作

最高地点で、両足を平行にし、デッキを水平にキープしたまま着地に備える。

5.安定した着地をする

安定した着地をする

オーリーで着地するときの動作

着地は、前後のウィールを同時に着地する。

足の位置は前後のビスの真上がベスト。

(写真では足が伸びてしまっているが)着地の時もひざを軽く曲げて着地する。

ミニクルーザーでのオーリー動画

オーリー 再生ボタン

How To Ollie A Penny Board

オーリー 再生ボタン

Penny skateboard , Samuel

オーリー 再生ボタン

How to ollie on a Penny Board

オーリー 再生ボタン

Stereo Vinyl Cruiser: REMIX with Kyle Leeper

オーリー 再生ボタン

ollie to penny

おすすめの練習方法

オーリー 再生ボタン

ollie up

ミニクルーザーでのオーリーには限界があります。

特に、Penny22インチやステレオ、バナナボードなど小さいタイプのものでは高さが出ても20cm程になると思います。

ですので、何かを飛び越えるよりも、小さな段差などに飛び乗る練習をするのがおススメです。

段差にオーリーで飛び乗ることができれば、ストリートクルージングでも使えるようになります。

コメントを残す



  • より:

    ヤバ

  • 匿名 より:

    何もかもがわかりやすいー!!!

  • 管理人 より:

    キッシャンさんコメントありがとうございます♪
    まず、22インチPennyでオーリーは、かなーり難しいです・・・(o゚Д゚ノ)ノoh…!
    たぶん完璧に飛べても20cmくらいですので何かものを飛び越えるというよりも、段差を上るために使う感じになると思います。
    平面で飛ぶ練習よりも、低い段にオーリーで飛び乗る練習をした方が実用的かもしれません。
    今後のオーリーの参考にしてみて下さいね!

  • キッシャン より:

    Pennyの22インチ乗ってるんですけど
    全然、オーリーが出来なくてコツも掴めないです(꒦ິ⌑꒦ີ)

ページトップへ