'penny' ペニースケートボード解説サイト

HOW TO PENNY TECHNIC PUMPING

ペニースケートボードの乗り方 ポンピング

ポンピング【上級トリック】

ポンピング

サーフィンのアップスと似ている、スケートボードを加速させる上級テクニック

ポンピングとは

サーフィンにはアップスという、波に対して上がったり、下がったりして加速するテクニックがあります。
そのアップスをスケートボードで行うテクニックをポンピングといいます。
左右に加重移動を繰り返すことによってウィールを回転させて加速させていきます。
サーフィンの練習になるというのもこのポンピングができるためです。

ポンピングは上級テクニック

“スケーティングに慣れてから挑戦しよう”

ロングスケートボードでは比較的やりやすいポンピングも、デッキ幅の小さいミニクルーザーでは難易度が高くなります。

ミニクルーザーでポンピングするにはスケートボードをある程度乗りこなせている必要があります。
スケートボード初心者の人が数日で行うことは難しいです。
ポンピングを行うレベルとしては、緩やかな坂で左右のターンを軽やかに行えて、スラロームもできるくらになります。

ポンピングのやり方

ポンピング【pumping】はスラローム(左右にすばやくターンを繰り返すテク)の延長だと思ってください。

基本の動きはターンのスラロームと同じになります。

ただ、普通のスラロームでは徐々にスピードが落ちてきますが、ポンピングは加速させていく点が違います。

スラロームをポンピングに変えるには、左右に体重を移動させる時、より大きく体を振って、デッキの外に向かって思い切り踏む込みます。
ぐっとデッキを押し込むことによって、少し加速されますので、そのまま勢いを落とさないように反対側にも同じようにし、加速を維持します。
これを繰り返すことによりプッシュをしないでもスケートボードを進めていくことができます。

ポンピングのコツ

“ダイナミックな動きが必要”

ポンピングのコツとしては、「体全体を大きく振って全身を使う」事です。

クルーザーでのポンピング動画

Penny Skateboards

ペニー動画pennymovie 再生ボタン

LONGBOARD TRICK

ペニー動画pennymovie 再生ボタン

コメントを残す



  • こーいち より:

    ペニー27を買いました。大きく傾けた時にウィールバイトして吹っ飛びました(痛)。ポンピングとかするためにはブッシュやウィールを交換したりトラックの高さ調整などは必要ですか?

  • 匿名 より:

    すごいなーー

ページトップへ