'penny' ペニースケートボード解説サイト

普通のスケボーとPennyペニーは何が違うの?

2014/01/20

ショートスケートボードとミニクルーザーの違い。

スケボーとペニーの違い

よく「普通のスケボーとペニーは何が違うの?」という質問を聞きます。

そこで今回はそんな疑問にお答えする、解説ページを作成しました。

これを見てもらえば、普通のスケボーとペニーの違いが分かってもらえると思います。

ショートスケートボードについて

スケートボード

一般的なスケートボードは、「ショートスケートボード」や「ストリートスケートボード」と言われます。

 ショート(ストリート)スケートボードの特徴

ショート(ストリート)スケートボードはスケートトリックを繰り出しやすいように加工されたスケートボードになります。

デッキは大きく、表面にはデッキテープという滑り止めテープがあり、木製でよく弾きます。

ノーズ、テールにキック(そり返し)がありオーリー(ジャンプ)ができます。

トラックはグラインドトリック(縁石にトラックを押し付けて滑る技)ができるように頑丈にできています。

ウィールは固めのプラスチック素材でできており、軽く、適度なグリップでトリックに適しています。

ショートスケートボードのメリット

様々なスケートトリックができます

ダイナミックなオーリーや、ミニランプなどでのスケーティングも可能です。

取り扱いショップや、種類が非常に多いです。

ショートスケートボードのデメリット

硬いウィールのため、荒れた路面では非常に走りずらいです。音もうるさいです。

大きいので持ち運びは不便です。またデッキテープが衣服を傷つけることもあります。

木製なので雨に弱いです。

 ショートスケートボードはこんな人におすすめ

本格的なスケートトリックがしたい

手すりの上に乗ったり、ランプでのエアートリックをしたい

 ショートスケートボードの動画

 関連サイト

スケートボードショップ.Navi

ミニクルーザーについて

ミニクルーザー

ペニーなどのスケートボードは「ミニクルーザー」た「プラスチックスケートボード」などと言われます。

 ミニクルーザーの特徴

ミニクルーザーはクルージング用に開発されたスケートボードです。

とてもコンパクトで柔軟なプラスチックでできたデッキは、軽やかなターンが可能で耐久力も高いです。

ウレタン素材の柔らかいウィールは、ショックを吸収し、荒れた路面でもよく進みます。

プッシュしたときのスピードや伸びがすばらしく、快適なクルージングスケーティングが可能です。

 ミニクルーザーのメリット

コンパクトで持ち運びやすいです。デッキテープがないので衣服を傷つけません。

ソフトなウィールでとても速く、多少の荒れた路面でも快適にスケーティングすることが可能です。

デッキは頑丈で雨に濡れても平気です。

 ミニクルーザーのデメリット

デッキが小さく、さらにノーズにキックやコンケーブがなく、デッキテープもないことでトリックはやりくいです。

小さくて安定しにくいので乗りこなすには技術が必要です。

 ミニクルーザーはこんな人におすすめ

クルージングスケーティングがしたい

日常の移動用として使いたい

気軽にスケボーの感覚を味わいたい

サーフィンのオフトレーニングとして

  ミニクルーザーの動画

ペニーの動画

スケートボードとミニクルーザーの比較表

ショートスケートボード ミニクルーザー
長さ 約80センチ 約50センチ後半
重さ 約3.5kg 約2kg
トリックのやり易さ ×
スピード 普通 荒れた路面でも速い
大きい 小さい
持ち運びの利便 ×
価格 約2万円 約1万円

コメントを残す



ページトップへ