'penny' ペニースケートボード解説サイト

ABOUT GOLD CUP

ゴールドカップのミニクルーザーについて

バナナボードが有名なゴールドカップ

ゴールドカップについて

アメリカ合衆国の「NHS」というスケートボードメーカーが発信するブランドが、ゴールドカップ(GOLDCUP)です。
NHSは、サンタクルーズや、フリップ、インディペンデントなども抱える大手のスケートボード企業です。

ゴールドカップのミニクルーザー「バナナボード」について

ゴールドカップバナナボードbananaboard

“バナナボード(bananaboad)はペニーに追随する人気のミニクルーザーです”

ペニーに次いで取り扱いが多いミニクルーザーのひとつ、ゴールドカップの「バナナボード(BANANA BOARD)」について解説していきます。

スペック

ギア・パーツ
デッキの長さ 59cm
デッキの幅 15cm
ウィールサイズ 57mm
ベアリング ABEC3
重さ 1,9kg

バナナボードのデッキ

“特許出願中の3Dグリップトップ・サークル・デザインが特徴”

デッキの直径はペニーの22インチと比べた場合、約2cm程バナナボードの方が長いです。
3Dグリップトップ・サークル・デザイン」という個性的な無数の円が刻まれた独自のデザインです。すべり止めとしての機能が高いのでデッキテープがなくても問題ありません。
バナナボードの特徴としてノーズ(デッキの前)にもそり返しがあり、トリックが少しやりやすくなります。

バナナボードのトラック

しっかりとした作りこみで耐久力があります。

バナナボードのウィール

ウィールサイズはペニーより少し小さいです。78A・径59mmです。
横幅は肉厚で安定したスケーティングができそうですが、地面の接地が大きくなるのでスピードは落ちます。

バナナボードのベアリング

ベアリングはABEC3を使用。ABEC7のペニーに比べると低スペックです。

バナナボードの重さ

重さはペニー22インチとほぼ同じです。

バナナボードの乗り心地、レビュー

ベアリングのスペックはABEC3ながら、ペニーにも劣らない回転力があり伸びがあります。
最速スピードはペニーに比べると遅く感じますが、他のクルーザーの中では速いです。
デッキのグリップ力はしっかりしているので、足がしっかり食いつきます。さらにノーズに多少そり返しがあるので オーリーなどのトリックもしやすそうです。
トラックが硬めで、ウィールバイト(前後のウィールの距離)が長く、ステアリングに関してはペニーほど、しなやかな動きはできにくそうです。
初級者は安定しやすいので乗りやすいかもしれませんが、上級者でポンピングをメインにやりたい人や、軽やかなターニングを求める人は少し不満が残ります。
全体の感想はしっかりとスケーティングができる、ペニーにも劣らない十分な性能を持つミニクルーザーだと思います。

バナナボードのメリット

  • スピードが速く伸びがある
  • デッキのグリップ力が高く安定する
  • ノーズに少しそり返しがあるのでオーリーがしやすい

バナナボードのデメリット

  • ステアリングが少し悪い

バナナボードはこんな人におすすめ

  • オーリートリックを中心にやりたい人
  • ペニー以外で速いミニクルーザーを探している人

購入した人へ

ゴールドカップのバナナボードは初期のアクスルナットと、ブッシュのキングナットがきつく締められています。
両方とも少し緩めると、ウィールの回転力が上がり、ターンもしやすくなります。

ペニーとの比較

“スピードは速く、安定して乗れるデッキが特徴”

スピードはペニーには劣るものの、他のミニクルーザーの中ではかなり速いです。
軽くノーズ(デッキの前)にもそり返しがありトリックがやりやすく、特殊な刻みの入ったデッキは足によくグリップします。
トラックの曲がり具合は少し悪いですが、安定して乗れるので初心者にはいいかもしれません。

バナナボードの動画

バナナボードの最安値ショップ

スケートボードブランド・メーカーのミニクルーザー

スケートボードブランドのミニクルーザー評価・比較

スケートボードブランドのミニクルーザー比較

バナナボード(ゴールドカップ)【BANAN BOARD(GOLD CUP)】

ゴールドカップ(バナナボード)について

バイナルクルーザー(ステレオ)【Vinyl Cruiser(STEREO)】

バイナルクルーザー(ステレオ)について

バンタムクルーザー(グローブ)【Bantam Cruisers】

バンタムクルーザー(グローブ)について

コメントを残す



  • まだ書き込みはありません

ページトップへ